個人情報の第三者提供

個人情報保護法は、個人データの第三者への提供には原則として事前に本人の同意が必要としていますが、一方で、加入者の利益になるもの、又は事業者側の負担が膨大である上、明示的な同意を得ることが加入者にとって必ずしも合理的とはいえないものについて、加入者本人から特段の意思表示がない場合は、黙示による包括的な同意が得られているとみなすとしています。

このため、当健康保険組合では、以下の項目についてあらかじめ同意が得られているものとして、従来どおりの業務を行いますが、これらについて同意されない方は、被保険者記号番号、氏名、同意できない項目及びその理由を記載した文書により、当健康保険組合までお申し出ください。

  1. 医療費のお知らせ兼保険給付金明細書を世帯分まとめて被保険者宛に通知すること
  2. 医療機関等から被保険者等の資格確認等があった場合で、保険給付等に必要がある場合
  3. 資格喪失後受診に対して被扶養者分を含む医療費の返還請求
  4. 事業主から被保険者等の資格確認等の照会があった場合