健保からのお知らせ

【重要】2018年度分 医療費控除について

医療費控除とは、みなさんのご家族の分も含めて、1年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費が基準額を超えるとき

税務署に確定申告することにより、その超過支払い分の医療費が課税対象の所得から控除され、税金の一部が還付される制度です。

2017年分の確定申告より医療費控除を受ける場合の手続きが、以下の通り改正されました。

 

変更点① 医療費控除の提出書類が簡略化されました

ポイント①  「医療費の領収書」の提出又は提示が不要となりました

ポイント②  「医療費控除の明細書」の提示が必要となりました

 

オリックスグループ健康保険組合においては、『Web医療費通知』を活用して医療費控除申告ができます。

『Web医療費通知』のログイン方法についてはコチラ→WEB医療費通知20180220.pdf

 

Web医療費通知によるデータ反映について

医療費通知(紙媒体)をご利用の方   (2018年1月~11月診療分まで反映)

なお、12月診療分については、医療機関から健保組合への請求が未確定のために『医療費のお知らせ』反映することが出来ません。12月診療分を申告される場合は、確定申告書「医療費控除の明細書」を領収証に基づいて作成して申告してください。

※e-taxをご利用の方 については2018年10月診療分までの反映となります。

※医療費通知(紙媒体)の取扱いについては各税務署で対応が異なる場合がございます。詳しくは最寄りの税務署までご確認ください。

【ご参考】 医療費を支払ったとき(医療費控除)/国税庁タックスアンサー 

 

 平成30年分確定申告特集

 

変更点② 「セルフメディケーション税制」がスタートします

従来の医療費控除制度の特例として、2017年1月から新たに「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)(※)」が施行されました。これは、がん検診や予防接種など、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」が、1世帯で一定のスイッチOTC医薬品の購入金額の合計が1万2,000円を超えた場合(上限金額:8万8000円)に、所得控除を受けることができる制度です。

◎対象となる医薬品の一覧は、厚生労働省ホームページに表示されています。

◎制度概要や詳細の説明などは、下記ホームページをご覧ください。     

 

※「医療費控除」「セルフメディケーション税制」はどちらかしか 申請ができません。

セルフメディケーション税制は医療費控除の一部であるため、従来の医療費控除と同時に利用することができないのでご自身で選択をお願いします。